You are here
脱毛法により期間や回数が違うことがわかる

脱毛法により期間や回数が違うことがわかる

医療レーザーの仕組みについて

医療レーザーなら強い出力により毛根を焼ききれますから、脱毛完了までの回数が少ないです。個人差がありますが、一般に2カ月おきの施術で5回、約1年で気にならないぐらいまで減ります。レーザーは黒い色に反応するようにつくられていて、開始時太い毛によく反応し、出力が弱くても十分。回数を重ねるごとに毛が細くなり、徐々に出力を上げていき、医療レーザー脱毛は肌へのダメージを最小限に抑えるため冷却装置がついてます。


顔の施術で目立たなくなる

2カ月おきにするのは毛周期に合わせるからですが、顔は毛周期がはやく回数が多くなります。男性は、1カ月おきに6~10回で目立たなくなって、ツルツルにしたければ20回ぐらいしましょう。医療レーザー脱毛は初回~3回目ぐらいで毛の量が減ってきて、その後の施術は3,4か月ごと間隔が広くなることが多いです。おもにエステでされる光脱毛はレーザー脱毛と比べ出力が低く、一度に処理できる限界があり、回数かかりますが、男性は体毛は2カ月おき6回ほどでだんだん毛が薄くなって目立たなくなります。


髭の施術回数について

完全になくしたければ、もっとかかり、ひげは2週間おきの施術をして15回ぐらいで目立たなくなってきます。1本づつ毛穴にはりを通し施術するのが針脱毛で、時間がかかります。その為施術は時間制になっていることがほとんどで、施術時間は1回につき1~2時間で、通院ペース、回数は部位ごとに異なってます。針脱毛は毛穴にはりを指し、毛がある程度出てる状態にする必要があります。針脱毛はレーザーを当てればやけどしてしまうほど濃いひげの方でも施術できて、確実に行える脱毛法です。



同じ脱毛でもエステサロンや脱毛サロンと違い、医療行為の一環として、医療機関で行うのが医療脱毛です。施術から処置後のケアやトラブルも、医療従事者がその場で診察や治療にあたるので高い安全性が保障されます。

Related posts