You are here
レーザー脱毛器が市販され、自宅でおこなうことも

レーザー脱毛器が市販され、自宅でおこなうことも

高額な機器だが、人気

自宅でできるレーザー脱毛器が10年ほど前から市販され、それなりに人気となっているようです。米国のFDAが家庭用として認可しているので、危険はないのでしょう。脱毛していることを誰にも知られたくない場合などは、向いた方法と言えそうです。機器は数万円と、結構な額で、効果がまったくなかった場合は無視できる金額ではありません。ただ、FDAが認可しているということで、脱毛商品にありがちな、まったくのインチキ商品というわけでもないのでしょう。


効果があるなら理想の方法

市販の数万円のレーザー機器で、自己処理が不要な状態になれるなら、理想の方法と言えそうです。いずれにせよ、体毛の濃い人は自己処理が必要ですから、翌朝に生えてくるのではなく、ひと月後になっただけでも大歓迎でしょう。それが、毛が細くなったとか、薄くなったなどという効果が得られるのであれば、そりゃあ飛びつきたくもなりますよ。自分で都合のいいときにレーザー照射できますし、故障しない限り、半永久的に使えるので、総額は安くなります。


市販品が普及したら、自己処理方法の主流に

まだ発売されて10年余りなので、費用は結構しますが、評価が定まって人気が高まり、大量生産されるようになったら、価格は下がっていくでしょう。そうなったら、カミソリや脱毛テープは過去のものとなりますね。不毛な自己処理をする必要はもうなくなります。自己処理は肌も傷めますし、かかる時間たるや膨大なものです。そこから解放されるわけです。もう無駄なことをしなくていい、というのは世界が変わるような感覚でしょうね。



レーザー脱毛の施術を始めるにあたり、それぞれの患者の肌の状態をじっくりと確認することで、通院の回数や脱毛の方法を決めることができます。

Related posts